アパートやマンションで快適生活【特徴で選ぶ物件探し】

マンション

アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違いには諸説ありますが、階数の制限がなく、重量鉄骨や鉄筋コンクリート造の建物のことをマンションと呼ぶことが多いです。一方、二階から三階の低層建築で、なおかつ木造か、もしくは軽量鉄骨造のものをアパートと呼ぶことが多いです。ただ、この区分も法的に定義されているものではないので、取り扱う会社がどのように呼ぶかで違ってくることは十分考えられます。

婦人

アパートへの入居が向いている世帯の特徴

多くのアパートは、間取りがワンルームか1Kです。そのため、ファミリー世帯よりかは単身世帯の方が向いていると言えそうです。一人暮らしで家賃を抑えたい場合や、職場や学校までのアクセスを良くしたい場合などには、アパートは有力な選択肢となります。自然が豊富で治安のいい地方に存在するアパートなら、老後の一人暮らしにも向いています。アパートは木造で温かみがあり、なおかつ低層建築であることが多いので、年老いてからでも使いやすいです。

間取り図

マンションへの入居が向いている世帯の特徴

背の高いマンションは、駅前の優良立地に建っている場合が多いです。そのため、通勤や通学で少しでも楽をしたいという人たちには素晴らしい選択肢となります。また、高層マンションなら3LDKなどの広い間取りもカバーしているケースが多く、ファミリー世帯でも不満なく暮らしていけそうです。学校や病院の近くに建設されることも多く、子育てを頑張っていこうという世帯との相性も良好です。

インテリア

マンションを借りるなら分譲賃貸がおすすめ!

分譲賃貸は、住み心地という点で非常に優れています。なぜなら、そもそも分譲賃貸として貸し出しているマンションは、分譲マンションとして作られており、設備面を充実させているからです。一般的な賃貸マンションは利益を出すことを第一に考えて作られているので、各所で徹底的なコストダウンを行います。そのため設備面で不満が出ることも多いのですが、分譲マンションは違います。分譲マンションは回転で利益を出すわけではありません。部屋を売って利益を出すため、分譲賃貸となっている物件でも最新の設備が整えられていることが多いのです。

集合住宅模型

分譲マンションと賃貸マンションは異なる?

部屋の所有権を住む人に譲り渡すマンションのことを、分譲マンションと呼んでいます。一方の賃貸マンションですが、これは部屋を貸すというだけで、所有権の移譲までは行いません。この点で両者は根本的に違っています。所有権の移譲が行われる分譲マンションでは、その部屋は完全に購入者のものとなります。それゆえ、例えば部屋を他人に貸し出して家賃収入を得ていくことまでできるのです。賃貸マンションでは、そうした行為は基本的に行なえません。

分譲賃貸に関する疑問にお答えします!

マンション

長期的に住むことは可能?

分譲賃貸と一口に言っても、完全に収益物件として運用されている部屋もあれば、リロケーション物件として一時的に貸し出されている部屋まであり、その両者でどの程度長期的に住み続けられるかも変わってきます。リロケーション物件であれば、特定の期日までに部屋を明け渡さなければならないなどの決まりがあることも多く、長期的に住み続けるのは難しいでしょう。

広告募集中